サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

フリーPBX

スポンサーリンク
asterisk

asterisk cli errorの消し方

エラーになっているファイルを/etc/asteriskにコピーする cp /usr/share/asterisk/configs/cel.conf /etc/asterisk
asterisk

Asteriskの監視 自動起動

#! /bin/bash #プロセス数をカウント count=`ps -ef | grep safe_asterisk | grep -v grep | wc -l` #該当のプロセスがない場合の処理 if ; then #サービスの起動コマンド sudo fwconsole restart #メールを送信(ここではmailxコマンドで送信) echo "Aster...
asterisk

Asterisk プッシュ通知の確認

asterisk -rx "pjsip show endpoints" AvailがあればOK Endpoint: 201/201 Not in use 0 of inf InAuth: 201-auth/201 Aor: 201 1 Contact: 201/sip:201-089f58f6f306e63a856458e00c0214 315d4449a8 Avail 91.8...
スポンサーリンク
FreePBX

FreePBXの設定変更の時間が長い

設定→高度な設定→システムセットアップ Enable Module Signature Checkingをいいえに変更する
FreePBX

FreePBX 設定適用でエラーが出る

fwconsole restart これでモジュールのエラーが出ている場合に起こる エラーをよく見て足らない部分を入れてやる必要がある
FreePBX

RasPBX USB BOOT

vi /boot/cmdline.txt dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=/dev/sda2 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait root=/dev/mmcblk0p2をroot=/dev/sda2に変更保存する
FreePBX

FreePBX SMARTalk レジスト確認

CLI> pjsip show endpoints Endpoint: SMARTalk Not in use 0 of inf OutAuth: SMARTalk/******** Aor: SMARTalk 0 Contact: SMARTalk/sip:********@smart.0038.net:5060 45c32f7ca9 Avail 19.787 Transpo...
FreePBX

FreePBX FAX 必要なモジュール

/usr/lib/asterisk/modules内に以下が必要 res_snmp.so res_fax.so res_fax_spandsp.so ロードされているか CLI> module show like res_snmp.so CLI> module show like res_fax.so CLI> module show like re...
FreePBX

RasPBX  Fax受信 条件

res_faxとres_spandspが入れる必要がある spandspを入れる必要がある(これがないとFaxは受信するがメールは送られてこない) ユーザー管理で150を登録する必要がある
FreePBX

raspbx 固定IP設定

vi /etc/dhcpcd.conf このファイルの一番下に挿入します interface eth0 static ip_address=192.168.1.50/24 static routers=192.168.1.5 static domain_name_servers=8.8.8.8 8.8.4.4
asterisk

freepbx asterisk 攻撃から守る

fail2banである程度守れるが手お変え品お変えて攻撃してくる。 自分が接続するIPからの接続だけを許可するようにした。
asterisk

Grandstream DP750 google連絡先からインポート

Universal Phonebook Editorでgoogle連絡先データーからインポートすればDP750で参照できるようになる。
FreePBX

bluetooth freepbx

スマホのペアを解除 bluetoothctl power on scan on devices remove piar pairしたときにスマホとlinux側に同時にペア要求が出る必要がある trust connect
asterisk

asterisk16 再コンパイル 再インストール

fwconsole stop mv /usr/lib/asterisk/modules /usr/lib/asterisk/modules.16.220426 make menuselect make make install reboot
FreePBX

chan_mobile DTMFの動作条件

DTMFが動作する条件はcodecがulawである必要がある dtmfskipを調整する
FreePBX

chan_mobile DTMF の調整

DTMF検出は、電話ごとに異なります。 これをニーズに合わせて調整できる構成変数があります。 例えば mobile.confで お使いの携帯電話に合わせてdtmfskipを変更してください。 デフォルトは200です。数値が大きいほど、DTMFを見逃す可能性が高くなります。 数値が小さいほど、複数の桁が検出される可能性が高くなります。
FreePBX

Grandstream DP-750のDTMFモードの設定

Grandstream DP-750のDTMFモードはRTP (RFC2833)に設定する freepbxの信号は自動かRFC4733に設定する この条件でDP-750のDTMFモードは正常に動作する
FreePBX

asterisk console commands

core show help odbc show pjsip show contacts module show like opus pjsip show endpoints pjsip show registrations pjsip show transports pjsip show version cdr show status
FreePBX

asterisk codec opus 稼働確認

freepbx*CLI> module show like opus Module Description Use Count Status Support Level codec_opus.so OPUS Coder/Decoder 0 Running extended format_ogg_opus.so OGG/Opus audio 0 Running core res_for...
asterisk

Asterisk 外部に公開した場合のエンドポイントの状況確認

freepbx*CLI> pjsip show endpoints
スポンサーリンク