東京電力の原発に思うこと、原発の危険性まとめ

プルトニウム(Pu)が飛散している。Puの半減期は2万4000年で「吸い込むと1gで約50万人を肺ガンにできる」超猛毒物質。 半永久的になくならない史上最悪の放射性物質だ。

こちら

経産省は8月26日、大気中への放射性物質の核種などをホームページ上で発表。こっそりと、できるだけ国民にバレないように公表しているようだ。大手マスコミもこれを報道しない。

経産省のHPによると、福島第一原子力発電所から放出された放射性物質は全部で31種類で、Pu239は32億ベクレル放出されているという。

9月末には、福島第一原発からおよそ45キロ離れた福島県飯舘村の土壌からも、国の調査で、事故によって放出されたとみられるプルトニウムが検出されている。

事故当初、「プルトニウムは重い物質なので遠くには飛ばない」と国や東電は説明していたのだが…。またまた国民はだまされたようだ。

さらに、御用学者といわれる中川恵一東京大学医学部放射線科准教授も「飛ばない」と安全デマを流していた。原発事故に関して、国、東電、御用学者には捜査のメスが入らないのはなんでだろう? 法治国家としてなしてないのでは?

アメリカの原子力専門家のアーニー・ガンダーセン氏は「4月の段階でシアトルの人たちは1日当たり5個ものプルトニウムを肺に吸い込んでいた。東京の人は1日当たり10個吸い込んでいる」と説明。恐ろしいことです。。。

ソース

大変毒性のあるプルトニウムが広範囲に飛散している

そもそも事故を起こすと周辺住民が100年単位で住めなくなるような原発を再稼働するのはどうかんがえてもおかしい

原発再稼働を容認する発言をしている初回道知事 高橋はるみは経済産業省出身である、やっぱり

福島三号機は核爆発を起こしていた

011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦(東京大学アイソトープ総合センター長

なぜ安全じゃない原発の稼働を急ぐのか?、ここを見ると答えがわかる

原子力で電気を起こすことは資源のない国に必要であったであろうが、危険な設備にしては安全対策がお粗末すぎた

東大などの原発学者などはなにをしてきたのか? かなり税金をつかっている

地震も予知できなかった。これもかなり税金をつかっている

日本のお役所仕事はお粗末極まりない

配管などの点検、修理にかかる人が被爆する問題がある

日本の技術、信頼が傷つけられた

TVなど見ていても正確な情報がない

今回の原発事故に対する政府の対処はひどすぎる、この国の政治は信頼できない最たるものである

事故発生当時、東大のテレビに出てきた原発学者は格納容器は絶対に破れない安心ですと言っていた

政治家が原子力特別会計を作り、原子力関連企業から献金を受け、選挙で応援してもらう。その仕組みがこの事故を招いた。職業政治家をなくすしかない

民間人は生活に苦しんでいるのに、政治家、公務員は高給取り、税金で生活している人が楽に生活できるシステムは破綻する

この国は職業政治家をなくし、無駄な公務員を削減し、公務員給料を民間並にさげないと破綻する

復興財源は政治家、公務員を削減して給料を民間並にさげてそれを財源にあてる

イタリア原発投票結果9割の人が原発建設反対しました

西日本に驚異の原発は九州の玄海原発らしい

植物濃縮とヨウ素が全国に飛散した

安全対策を怠った原発を今日まで運転した責任は大きい

ここを見れば退避勧告がいい加減であったことがわかる

放射能の恐ろしさ、原発 4年後、癌を発症した子供たちが、ガイガーカウンターの役目を果たし

日本の公務員関連のひどい仕事、こんなことをしていると日本は破綻する。公務員は国民の税金で詐欺的な行為を頻繁にしている

ぜひ見てほしい京都大学原子力実験所(反対派)の警告ビデオ

京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く

ビキニ水爆実験で死の灰浴びた第五海福丸乗組員

放射能の危険性

日本の電力料金は世界で一番高い、産業用、家庭用ともに、世界で一番高いそうです。業務用に限っても、フランスの3倍、イギリスの2.2倍、アメリカの3.7倍、スエーデンの4倍だそうです。

アルミ精錬の悲劇

原子力発電の仕組み

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』

結論

福島原発が水素爆発を起こすとチェルノブイリの3倍の死の灰が日本列島に降り注ぐ、こんな危険な原発は即刻やめる必要がある