サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

ムーヴ L150S ブローバイガス経路からの オイル吹き返し量が多い

ムーヴのDIY
スポンサーリンク

ブローバイガスとはピストンとシリンダーの隙間から抜け出す未燃焼ガスのことです。

このブローバイガスはエンジンヘッドに溜まるため、外に逃がす必要があります。

しかし、大気中に解放してしまうと環境汚染の原因となるので、再び吸気ラインに戻して燃焼させる構造になっています。その際、吸気ラインでブローバイガスが冷やされ、中に含まれる霧状のオイル類が配管などに付着します。そして、配管のつなぎ目などから滲み出て来るのです。

もう一つのパターンとして、エンジンヘッドから吸気ラインに戻る配管が固着したオイルなどで閉塞していると、逃げ場を失ったブローバイガスがパッキンに負荷を与えます。そして、オイル滲みの発生に繋がります。

ヘッドカバーからエンジン奥側のブローバイガスを逃がすヘッドカバーの穴は1mmの細い経で詰まりやすい定期的にホースを外して針金等で穴がふさがってないか確認する必要がある

直径1mmの針金が長さ3cm挿入できれば穴は貫通している

ダイハツエンジンのオイル吹き返し多め。   シボル場所が悪い気がします。 | 日々是好日 byミナト自動車
ミラジーノ (L700/710系) ブローバイ経路とスロットル・ボディの清掃 by ミッチョ@名古屋 - みんカラ
ダイハツ ミラジーノ (L700/710系) | エアクリーナーとスロットル・ボディ間にあるサクセションパイプ部分に、オイルがにじんでいる。 ブローバイガスのオイルがずいぶんと入っているようだ。 オイルキャッチタンクを設置したほうがよいのか?
ターボ | よくある質問 | サポート | HKS
ダイハツ EFエンジン  定番故障事例か?   極細絞りをチェック。 - 日々是好日 byミナト自動車
『ダイハツ車に よくある事例 EFエンジン等』
結構な数の ダイハツ車の修理をしてきて よくある事例を紹介します。EF型のエンジンは 搭載車両が多く 年数が経っている車両がいっぱい走っています。ミラ、ムーヴ…
ムーヴのDIY
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント